フォーマットに入りきらない複雑な業務がある場合は?

その場合は業務を見直すことをおすすめします。マニュアルにできないほどの複雑な業務は、まずは見える化を進めるべきです。 業務を見える化し、ひとつひとつの工程の目的を見極めていくと、必要ない工程が含まれていることが多々あります。 スタートがひとつなのに、ゴールが10個あるなどがその一例です。 相手の反応に合わせて臨機応変に商品を販売するという場合でも、想定問答を考えて、相手に必要な対応ができなければ次には何を提案すると決めていけば、自ずと工程はシンプルになるはずです。

お問い合わせはこちら