電子ブックプレゼント | マニュアルによるマネジメント支援の株式会社2.1

電子ブックプレゼント

メールアドレス

可視化

可視化
STEP1~4
業務をどのように可視化し
どのようにベストプラクティスを標準化するか?

ここでは、マニュアルの全体像をお伝えします。 社内には、実際に担当者がいなくなってはじめてわかる属人化された業務が 多いものです。このステップでは、業務担当者からのヒアリングを通じて、 どのように、社内のベストプラクティスを可視化し、業務のムダやムラを発見するのか そのためにどのようなマニュアルがふさわしいのか?を解説します。

ここでは、マニュアルの全体像をお伝えします。 社内には、実際に担当者がいなくなってはじめてわかる属人化された業務が 多いものです。このステップでは、業務担当者からのヒアリングを通じて、 どのように、社内のベストプラクティスを可視化し、業務のムダやムラを発見するのか そのためにどのようなマニュアルがふさわしいのか?を解説します。

仕組化

仕組化
STEP5
標準化された仕事のやり方を
どのように社内に浸透させるのか?

ここでは、マニュアルによって可視化された業務を、 それぞれが実践するための体制づくりについて解説します。 出来上がったマニュアルをどのように全社員に周知するのが効果的か? 経営者としてどのように組織内に発信するのか?などを解説します。

ここでは、マニュアルによって可視化された業務を、 それぞれが実践するための体制づくりについて解説します。 出来上がったマニュアルをどのように全社員に周知するのが効果的か? 経営者としてどのように組織内に発信するのか?などを解説します。

習慣化

習慣化
STEP6~7
標準化された業務を日々アップデートし、
どのように組織の生産性を上げ続けるのか?

ここでは、マニュアルによって業務が可視化され、 質の高い業務が標準化された状態をいかに保ち、変化に対応しながら 組織と人を成長させる方法について解説します。 日々の業務の進め方のよりどころが「人」から「マニュアル=教科書」に移行し、 環境の変化、メンバーの変化に影響をうけない強い組織のつくり方を解説します。

ここでは、マニュアルによって業務が可視化され、 質の高い業務が標準化された状態をいかに保ち、変化に対応しながら 組織と人を成長させる方法について解説します。 日々の業務の進め方のよりどころが「人」から「マニュアル=教科書」に移行し、 環境の変化、メンバーの変化に影響をうけない強い組織のつくり方を解説します。

これまで500社以上の
組織の生産性向上を
支援してわかった!

環境の変化や退職者などの人の変化にも揺るがない
強い組織づくりの解説本を無料プレゼント!

  1. STEP 1

    マニュアルによって会社が
    成長する理由
    〜マニュアルの真価を知らないなんてもったいない!〜
  2. STEP 2

    マニュアルに対する疑問を
    解消する
    〜2.1には様々な企業のマニュアルへの疑問が集まります〜
  3. STEP 3

    成果をあげる
    マニュアルの条件
    〜成果があがらないのは理由がある!〜
  4. STEP 4

    可視化(マニュアル作成)の
    ポイント
    〜使いやすさの追求〜
  5. STEP 5

    仕組化(体制構築)の
    ポイント
    〜作っただけではマニュアル整備とは言わない〜
  6. STEP 6

    習慣化(継続更新)の
    ポイント
    〜マニュアルを更新すれば数字がついてくる!〜
  7. STEP 7

    無敵のマニュアルフォーマット

メールアドレス