弊社は人事評価作成のプロではありません。

人事評価作成は弊社の業務範囲外ですが、マニュアル化を進めることで、人事評価を作りやすくなります。
人事評価が機能している会社は、業務フローが細かく、役職者に関しては決裁の責任範囲も明確です。

これらは、組織構成を定量的に分析していないとできないことです。
どの業務にどの程度の時間をかけるべきか、実際にどのくらい時間がかかっているかをチェックして、可視化することが必要です。

本来、業務分解と人事評価は連動すべきもの。
ですから、マニュアルを作ると評価も作りやすくなるのです。