現場の反発をマニュアル作成に生かしましょう。

反発があることは、マニュアル作成にとってよいことです。
なぜなら、反発する人を見える化することによって、業務の見える化が進むからです。

そこで、マニュアル作成にあたって、現場のスタッフに取材しましょう。
彼らの意見を反映し現場の仕組みに沿ったマニュアルを作ることで、マニュアルの精度が高まります。
現場のスタッフが、使用するメリットを感じられるマニュアルを作成すれば、自ずと新人からベテランまでマニュアルに立ち返るようになるはずです。