前提条件を揃えることと、古参社員には配慮が必要です。40代後半以上の世代は、働き方が若い世代とは違います。 彼らは先輩の背中を見て仕事を覚え、10年かけて一人前になると考えてきました。 そのため、独自のやり方がある彼ら古参社員には、マニュアルにネガティブな印象を持っている方も少なくないです。 そこで、マニュアルを導入する時には、前提条件を揃えましょう。 マニュアルがなぜ必要なのか、なぜ作るべきなのか、どういうものかという定義を決めてから作ります。 マニュアルの導入説明会やワークショップを行って、経営幹部自ら説明し、全員が同じスタートラインに立って始めることが大切です。 また、古参社員には気を使うべきではありませんが、配慮は必要です。 例えば営業マニュアルの目的が新人教育であれば、営業スタッフ全員にマニュアルの使用を義務付ける必要はありません。 使用者を新人のみに絞るなどの対応をしましょう。

お問い合わせはこちら