可視化したい業務の担当者を取材します。まずは可視化したい業務をリストアップしていただき、その業務を担当している方にお話を伺います。 その際、誰のためのマニュアルを作るかによって、対象者のレベルを調整します。 例えば、営業のマニュアルを作る場合、新人営業マン用であれば、ベテランのトップ営業マンよりも、入社3年目の営業マンの方がレベルが合っているということがあります。

お問い合わせはこちら