誰向けのマニュアルを作成するかによります。

マニュアルを作る際には、最初に誰に使ってほしいか、すなわちターゲットをイメージしているはずです。
そのターゲットが新人であれば新人に、管理職であれば管理職のレベルに合わせます。

ただし、一般的にマニュアルはボトムアップに効果が出やすいのは事実です。
ですから、立場に関係なく幅広い層の使用を想定している場合は、新人に合わせるのが良いです。

もっとも避けなければならないのは、作成者の自分にしかわからないマニュアルを作ること。
そうならないためには、誰がどんな課題を解決するためにマニュアルを使用するかを、事前にしっかり固めることが必要です。

お問い合わせはこちら