マニュアルはハウツー本ではありません。マニュアルとはスタッフにとっては当たり前のことを可視化して、文字化したものです。 ですから、取材するスタッフの知見以上のもの、例えばスタッフへ成功術を説くようなハウツー本にはもちろんなり得ません。 ただし、マニュアル作成時の取材によって課題が可視化され、それらを改善することで、結果として業務改善が進むことはあります。 マニュアルをテニスで例えるなら、壁打ちの壁です。 凄いサーブの打ち方を学ぶ前に、まずは自分のフォームを知ることです。 それがマニュアルの役割です。

お問い合わせはこちら