業務工程の全体像が掴める程度です。マニュアルは、決められた期間の中で対象の業務を洗い出し、文章化していきます。 その際、まず業務の全体像が掴めるように、業務工程の項目出しをしてざっくりと作っていきます。 木で例えると、幹と大きな枝ができたくらい。 これで、大体業務全体の40%が形になっています。 β版では各工程を細分化し掘り下げ、60%以上の完成度を目指します。 それからは運用をしながら修正・更新し、完成度80%まで高めます。 マニュアルは決して100%にはなりません。 なぜなら、常に現場が先行し、それをマニュアルに落とし込んでいくからです。

お問い合わせはこちら