守破離ってなんですか? | マニュアルによるマネジメント支援の株式会社2.1

Q 守破離ってなんですか?

A
         

武道や茶道といった日本の芸道や、芸術、芸能などで、修業における過程を示した言葉です!

マニュアルは「守破離」の「守」を実現するためのツールです。

そして、「マニュアル=型=基本」という2.1の定義のベースには、「守破離」の考え方があります。守破離とは、武道や茶道といった日本の芸道や、芸術、芸能などで、修業における過程を示した言葉です。ビジネスシーンで使われることもあるので、ご存じの方も多いと思います。

守=師匠からの教えを忠実に守り、実行すること。

破=師匠からの教えを実行しながらも、自分独自の型を見いだし、あるいはほかの流儀や情報を取り入れて、既存の型を破ること。

離=師匠の型、自分自身で見いだした型の双方に精通し、師匠の型から離れて自分の流派、流儀を構築すること。

この三段階の流れが守破離です。

人の成長の流れともいえる言葉ですが、2.1の定義するマニュアルは、この守破離の「守」を実現しやすくするためのツールです。

イメージしやすいように、新入社員を例に挙げて説明しますね。

新入社員にとって、守破離の「守」で「師匠の教え」にあたるのが、新人教育で学ぶ仕事の基本、あるいは上司や先輩が教えてくれる仕事のやり方です。

右も左もわからない状態で入ってきた新入社員は、新人教育の場で初めて、仕事の基本を教えてもらいます。業務や職場によって、教えられる内容はさまざまですが、たとえば名刺の受け渡しの方法から電話の取り方、書類の書き方など、その会社で生きていくための、基本的か つ重要なことを学びます。そして、配属先では、さらに各業務に特化したやり方やコツを、上司や先輩から教えてもらうことになるでしょう。

それらは、その会社で長い間培われ、積み重ねられてきたノウハウです。たくさんの先人たちが、何年も試行錯誤してきた結果見つけた、「これが一番うまくいく」という方法なんです。

いわば、その会社、その職場のʺ王道パターンですね。

この王道パターンこそが、新入社員が学ぶべき「師匠の教え」であり、それを確実に実行できるようになることが守破離の「守」にあたることです。

そのために、新人教育用のマニュアルには、その会社、その業務の基本となる王道パターンのノウハウが、余すところなく書かれている必要があるわけです。

お問い合わせ

お問い合わせ

ご不明な点がございましたらお気軽に
お問合せください。

メルマガ登録

メルマガ登録

人気のセミナー情報や最新の事例、成果・売上を倍増させ強い会社を作るマニュアルの作成&活用術を定期的にお届け。

電子ブックダウンロード

電子ブックダウンロード

マニュアル整備のプロのノウハウが詰まったマニュアルの作成から運用までの「マニュアルPDCA 7ステップ」をまとめた小冊子を無料で差し上げます。