マニュアルの原点「科学的管理法」とは? | マニュアルによるマネジメント支援の株式会社2.1

Q マニュアルの原点「科学的管理法」とは?

A
         

A.属人的な仕事のやり方を排除し、労働者たちを組織的に管理するシステムのこと!

1856年、ペンシルバニア州フィラデルフィアで誕生したフレデリック・ウィンズロー・テイラーは、弁護士を目指してハーバード大学を受験。見事に合格しますが、目の病気にかかり、やむなく進学を諦めることになりました。その後、テイラーは知人が経営するポンプ製造会社で働くことになり、1878年、4年の見習い期間を終えて、製鉄工場にエンジニアとして入社します。

工場でテイラーが目にしたのは、賃金体系に不満を持つ労働者たちが、経営側に対抗し、

組織だって怠ける姿(組織的怠業)でした。そこで、管理職となったテイラーは、属人的な仕事のやり方を排除し、労働者たちを組織的に管理するという概念を取り入れます。

テイラーは次の3つの内容を柱とする改革を断行しました。
・課業管理(一定時間でどれだけ生産できるか正確に測定し、ノルマとなる1日の作業量を設定する)
・作業の標準化(使用する工具や作業手順を細分化、単純化、標準化、見える化する)
・作業管理のために最適な組織形態の確立(組織を「現場」と「管理」の機能に分ける)

その結果、工場の生産性は向上し、「仕事の標準化」を実現させることができました。
このシステムは「科学的管理法」と名づけられ、高く評価されて、のちに「テイラー・システム」として世界に広まっていきました。そして、このシステムで採用されている手順書が、現在のマニュアルの原型といわれています。

お問い合わせ

お問い合わせ

ご不明な点がございましたらお気軽に
お問合せください。

メルマガ登録

メルマガ登録

人気のセミナー情報や最新の事例、成果・売上を倍増させ強い会社を作るマニュアルの作成&活用術を定期的にお届け。

電子ブックダウンロード

電子ブックダウンロード

マニュアル整備のプロのノウハウが詰まったマニュアルの作成から運用までの「マニュアルPDCA 7ステップ」をまとめた小冊子を無料で差し上げます。