社長ブログ

最新記事一覧へ

マニュアル整備を自社で行うときの壁①




今回のブログの内容は「動画ギャラリー」でもご覧いただけます。
ブログとあわせて是非ご覧ください!

<動画ギャラリー>
■マニュアル整備を自社で行うときの壁(1)




株式会社2.1の中山です。

今回のブログでは、様々な企業の中でのマニュアルの作成、もしくは運用における「壁」についてお話したいと思います。

多くの企業では自社でのマニュアル作成、運用において障壁があり、だからこそ我々がお手伝いをしているのですが、
その「壁」は大きく分類して3つあります。

今回はそのうちの1つ、「スキル」についてお話したいと思います。


「スキル」という壁

例えば、「自社の商品を売りたいな」と考えた時、当然企業には営業力が必要になりますよね?
そこで皆さんが行うことの1つに

求人で営業マンを募集する

ということが挙げられるかと思います。

・BtoBの営業経験をお持ちの方
・コミュニケーション能力が高い方

そんな内容を求人票に記載して人材の募集をされている企業も多いのではないでしょうか。

マニュアル作成においても、同様に「スキル」が求められます。

企業で社長から「マニュアルを作ってほしい」という指示を受けたとしたら、
当然マニュアルを作る能力が必要になるわけです。

御社の中で意図的にマニュアルを作るスキル、実装されてますか?


スキルがなければ作れない

そもそも、

・マニュアルを沢山つくってきた人募集!
・言語化、体系化が得意な方歓迎!

といった求人票を、我々は拝見したことがありません。

つまり、企業は意図的に自分たちの会社にマニュアルを作るスキルをインストール出来ていないのです。
この状況では、自分たちでマニュアルを作るのが大変になるのも当然ですよね。
これが、1つ目の「壁」です。

次回のブログでは、2つ目の「壁」についてお話したいと思います。