社長ブログ

最新記事一覧へ

スモールスタートはハイリスク

こんにちは。2.1の中山亮です。

営業にお伺いした席で、「マニュアルの浸透にかける時間を短縮したい」という意向を伺うことがあります。
その心は、「効果を測れないから、スモールスタートしたい」というもの。
僕らのサービスが目に見えないぶん、やってみないと分からないと考える部分があるのでしょう。
要はお試しがしたいということです。
そのお気持ちは分かるのですが、スモールスタートはリスクが高いと、当社は考えています。
なぜなら、当社のサービスである業務の可視化は、組織実装に時間をかければかけるほど、うまくいくからです。

逆の視点からもお話しましょう。
時間をかけないということは、現状と変わりません。
それは、今までだって時間をかけてきていないからです。
「マニュアルを自分たちで作れない」「作ったけれどインストールしていない」。
これは、マニュアル浸透のための時間を使っていないことと同じです。
お客様は、うまくいけば先に進みたいのでしょうが、今まで何もやってきていないところに、ちょっとやったところで結果は見えています。
リスクがあるので及び腰になるのは分かりますが、そもそも業務改善って1、2ヶ月で結果が出せるものなのでしょうか。
長く続けるからこそ効果が出るのではないでしょうか。

当社は、やり続けさえすれば必ず結果が出ると確信しているからこそ、フルパッケージを基本のプランにしています。
「買ったあと、どう使いこなすのかは御社次第ですよ」ではなく、「買っていただいたからには、最後まで面倒を見ます」というのが、2.1のサービス。
やると覚悟を決めたクライアントの多くは、僕らが一年かけて伴走している間にマニュアル文化が根付き、いまでは自走できるようになっています。

ですので、スモールパッケージの提案はできますが、割高になること、失敗のリスクが高くなることをあわせてお伝えしておきますね。
だからといって、フルパッケージで買ってくださいと言っているつもりはなく……、むしろ、やるのか、やらないのかで選択するほうがよいのかもしれません。
こんなこと、営業が言ったらダメなんですけどね(笑)。

ベーシックなものに、オプションを買い足せるサービスなら良いのですが、僕らの仕事は、クライアントの業務を理解しながら、個社ごとにカスタマイズしています。
そのなかで、1年という期間を見越し、可視化、仕組み化、習慣化と段階を踏んでいます。
この過程を経るからこそ、マニュアルの精度が高まるし、社内にも浸透していくのです。

ですから、中途半端に導入されるなんて、非常にもったいない! やはりお試しは、お勧めできかねます。
そこのところ、どうかご理解くださいね。