社長ブログ

最新記事一覧へ

マニュアル屋みょうりに尽きます!

こんにちは。2.1の中山亮です。

先日、当社のお客様から社内でマニュアル作成に着手している旨、報告をいただきました。
こちらの会社は、実際に当社で業務の可視化をお手伝いしており、現在は更新の段階。これまでに経験された当社の取材の手法や、当社が提出したフォーマットを基に、マニュアル化を進められているとのことでした。

もともと当社は、「自社でマニュアル作成ができるのなら、それでOK!」というスタンスなので、当社を見本にマニュアルを内製されることは、もちろんウェルカム。こちらのブログでノウハウを惜しみなく提供しているのも、それが理由です。
ですから、マニュアルを作っているとお聞きできただけで、とても嬉しかったのですが、これに加えて「見た目以上に大変なんですね。作れるって、すごいことなんですね」と言われたものだから、さらに嬉しくなりました。

この方がおっしゃるとおり、マニュアルを作るために、フォーマットに沿って質問をしよう、あるいは記入しようと思っても、業務の分類で手が止まる、手順化で迷う、明文化しようとしても言葉が浮かばないということは、起こりがち。
つまり、マニュアルの作成は意外と難しいのです。

その点、僕らは日々、色々な会社の、様々な業務を、可視化しているので、情報の抽出にしても、フォーマットの選択にしても、判断が早い。
マニュアルの制作に慣れている僕らだからこそのノウハウは、マニュアルを外注する会社にとって、大きなメリットになると思っています。

そんな背景もあり、お客様からの「マニュアルって大変、すごい」というご感想は、僕らの価値を再認識していただいたとも捉えられるんですよね。

マニュアル屋みょうりに尽きるとは、まさにこのこと。
最高の賛辞をいただいた気分になりました。

当社が作成するマニュアルの中で、清掃マニュアルをサンプルにご紹介いたします。