社長の本音

最新記事一覧へ

お客様の期待に応え続けるために

こんにちは。2.1の中山亮です。

僕らは、「想像以上です」よりも「さすがプロ」と言われると、うれしくなります。

皆さん、冒頭から何を言ってるんだって思っていますよね(笑)。
もちろん「想像以上です」って言われることも、うれしいんですよ。
でも、僕たちはプロなので、お客様の想像を超えることは前提でいたいと思っています。

さて、商談の席でサンプルをお見せすると「ここまで作るんですか」「ゼロから起こしたんですか」と、本当によく言われます。
これらは誉め言葉だとありがたくとらえ、社内でも共有していますが、この「ゼロから起こしたんですか」の部分には、僕たちの専門家としてのスキルが詰まっています。

例えば、「管理職として大事な心得は何ですか」と伺ったときに、「当社には、大事にしていることが五つあってね」と話し出すお客様は、まずいません。
むしろ「まとまっていないんだけどね……」と、言いながら話す方ばかりで、その話を僕たちが掘り下げ、まとめ、「五つにしてみました。いかがですか」とご提案しているのです。つまり、ゼロから起こすと言っても、ただ書き起こすのではなく、要素をちゃんと整理しています。
お客様の考えを引き出すことと同様、引き出した考えをまとめる部分にも、僕ら専門家のスキルが生きているのです。

これは、マニュアル制作の過程も同じ。Wordできれいな書類が作れるというレベルではもちろんダメで、マニュアル制作のプロたるスキルを常に磨かなければならないと、日々社内で話しています。
一番はお客様がストレスなく使える仕様にすることですが、ほかにも視認性、再現性、検索性といったマニュアルならではの要素を大切にしています。

僕らは1年中、色々な会社のマニュアルを代わる代わる制作しています。ここまでマニュアルを追求する会社は、当社だけだという自負もあります。
だからこそ、お客様の期待を超える進化を遂げていきたい。

当社の行動指針にある、『さすが2.1』を胸に、これからもお客様の業務の可視化、仕組み化をサポートしてまいります。