社長の本音

最新記事一覧へ

業務提携、承ります

こんにちは。2.1の中山亮です。

最近、ありがたいことに「2.1と業務提携したい」という相談が増えています。
主にコンサル系や教育系企業から、彼らのお客様に対する業務の見える化を手伝ってほしいという依頼です。

マニュアルを作ることは業務分解をし、見える化することで、本質を洗いだす作業です。
お客様のことを真剣に考えている企業こそ、この徹底的な業務分解が大切であり、それはプロフェッショナルに依頼すべき仕事だと考えているので、私たちに協力を仰いでいるのです。

見える化は、単なるルール化のための手段ではありません。
見える化は、暗黙知を形式知にすることであり、業務を平準化すること。
そうすると、コア業務とノンコア業務が、はっきりと分かれて見えてきます。

コア業務は自社で注力し、ノンコア業務は積極的にアウトソーシングをし、経営資源を有効活用する。
今なら、名刺の入力からテレアポ代行まで、自社でやるよりもはるかにマネジメントコストを低くできるアウトソーシング手段もあります。

2.1と業務提携したいと言う企業にとって、2.1も一つのアウトソーシング先。
それでいいと思っています。
私たちのミッションは、すべての企業にマニュアルを整備することですから。
「見える化」のプロフェッショナルとして、私たちはこれからも専門性を高めていきます。