社長の本音

最新記事一覧へ

覚悟が決まれば前に進む

こんにちは。ニテンイチの中山亮です。

先日、ある会社のクレドと行動指針を作成し、クロージングに伺った時のこと。
その会社の代表が、私たちの作成したものを眺めながら、ふと「これで俺も覚悟が決まった」とおっしゃったのです。

どういう意味か聞いてみると、「クレドや行動指針を作ったのは、もちろん社員のためだし、より良い会社づくりのため。でも、本当は、自分自身のためでもあった」「このクレドを読んで、ある時は自分を律し、ある時は自分を鼓舞して、事業を進めていかないといけない。その覚悟が、今日あらためて決まった」と。
その言葉に、私自身も深く頷きました。

クレドとは、会社の信念であり、会社のあるべき姿を宣言するものです。
この会社の場合は、トップ営業マンでもある社長に徹底的にヒアリングをし、そのエッセンスを抽出して、理念を言葉にしていきました。

クレドに書かれたことは、元をただせばすべて、社長ご自身の口から出てきた言葉。
にもかかわらず、その言葉が明文化(見える化)され、社長に跳ね返ってきたことで、社長自身にとっても新しい意味を持ったのです。

いつも思うんですが、自分のビジネスに対する覚悟が決まっている経営者は強い。
少々の機会損失や業績不振ぐらいで、根本がブレたりしないからです。
もちろん長く続けていれば、少しは自信を失くすことだってあるでしょう。
そんな時、かつての自分の決意を思い出し、自分を再度奮い立たせてくれるものの存在は、貴重です。



これからも、私たちの作るものが、誰かを鼓舞するものでありますように!