採用関連記事

採用ページ記事一覧

マニュアル制作を通して感じる「やりがい」「わくわく感」【2.1社員インタビュー#1】



こんにちは、2.1の柴原です。

今月は社員インタビューを通して、2.1の魅力を伝えていけたらと思います。

今回は制作グループの安斎陽子さんにインタビューしました。

制作の業務全般を担当している安斎さん。

マニュアル制作を通して感じることができる、「やりがい」「ワクワク感」をお聞きすることができました!

-担当している業務内容を教えてください!

--インタビュアー、ライター、ペースメーカーなど、制作の業務全般を担当しています。

2.1の「マニュアル制作」では、3つの業務で分解されています。

  • インタビュアー → お客様に取材をし、マニュアルの骨組みを構築する

  • ライター → インタビュアーが取材をもとにまとめた文章をマニュアルに起こす

  • ペースメーカー → お客様のマニュアルの更新に伴走する


-ちなみに、この3つの業務の中で、安斎さんが一番好きな業務はどれですか?

--うーん、どれも甲乙つけ難いですね。。。
強いて言うならば、最近任命されたペースメーカーでしょうか。
インタビュアーもそうですが、ペースメーカーも「社内の有識者」とお話するため、大変勉強になります。

-業務のどんなところに「やりがい」「ワクワク感」を感じますか?

--色々な業界、業種のノウハウに触れられるところですね。
業務を通して世の中を知ることができますし、効率的な秘訣や、お客様の仕事に対する意識の高さを学ぶことができるんです。
自分のモチベーションアップにもつながりますし、「やりがい」「ワクワク感」を感じることができます。

-2.1のおススメポイントを教えてください!

--
常に刺激的であること
会社全体の話が聞ける環境に身をおけることは、大企業ではなかなかないことですよね。
トップとの距離が近いベンチャー企業ならではだと思います。
チームワークの良さ
みんなで一つのもの(マニュアル)を作っているので、共通意識が強く、お互いを気遣う文化が根付いています。
声を掛け合ったり、思ったことを口にしやすい組織なので、仕事がしやすい環境です。

-2.1の改善が必要な部分はありますか?

--現在2.1は創業期から成長期への過渡期なので、展開が速く、役割も多岐に渡るため、負担に感じることもあります。組織を拡充し、これまでどおりの連携のよいチームワークが維持できれば、改善できると思います。

-最後に、入社の決め手を教えてください!

--木下さんです!
業務内容に興味を持ったことはもちろんですが、面接前から入社を決定するまでにやりとりをした、2.1のナンバー2の木下さんの温かみがある人柄に魅かれ、こんな素敵な方がいるからきっと大丈夫と入社を決断しました。

安斎さん、ありがとうございました。

次回の更新予定は7/13(金)です。

安斎さんの入社の決め手にもなった、木下さんにインタビューする予定ですので、お楽しみに!