社長の本音

最新記事一覧へ

【マニュアル整備】マニュアル屋が新規事業立上に役立つ理由


2.1の中山です。


本日は顧客の某不動産会社の新規事業検討に加わってきました。

「なぜマニュアル屋が新規事業の立案の場に?」

理由は以下3点です。

  ①顧客の現場を知り尽くしている

  ②新人を動かすノウハウがある

  ③他社他業種のノウハウを知っている



①は、当然ですね。
企業に絡む業者の中で、
経営者の悩みやニーズを理解しつつ、
現場のノウハウを熟知し、
現場スタッフとのコミュニケーションが取れている業者なんて、
当社以外にはなかなか無いでしょう。
新しい事業を立ち上げる際、
その会社の強みも弱みも客観的に意見できます。


②は、マニュアル整備のノウハウそのものです。
新しく事業を考える人の殆どは、
経営者を始めとする幹部やリーダー。
でも、その事業を動かす手足となるのは、
一般のスタッフです。
幹部やリーダーが新しく作り出すノウハウやコンセプトは、
一見よく出来てるんですが、
ノウハウが実用的ではなかったり、
ゆくゆくは誰でも出来るようになるような組織の作り方をしていなかったり、します。
事業設計の段階で、
誰がこの事業を回していくのか、
会社としてこの事業をどうしていきたいのか、
という目的から逸れないよう、
指摘させて頂いております。


③は、当社2.1の経験です。
2.1のマニュアル整備代行サービスでは、

クリーニング、コンビニ、
テレコールセンター、不動産仲介、
ガソリンスタンド、保険代理販売、
靴修理、新聞社、リサイクルショップ、
葬儀、居酒屋、ファストフード、
菓子工場、ワイン輸入、美容系広告、、、

などの多種多様な業界の企業の、

営業マニュアル、掃除マニュアル、
面接マニュアル、工場ラインマニュアル、
在庫管理マニュアル、総務全般マニュアル、
システム説明書、セミナー運営マニュアル、
店長マニュアル、
経営理念や事業方針、事業所のルールブック、、

などの多種多様な部門や職務の見える化
をやっています。

当社スタッフは、
様々な企業の現場レベルの工夫を聞き、
「へぇ~」「なるほど~」
「そんな事あるんですかぁ」
「うまいことやってますね!」
と、毎日のように唸っているわけです。

他社他業種ではどうやっているのか
沢山の知見が当社にはありますから、
顧客にはその知見を活かして意見させて頂いてます。
※当然、顧客のノウハウを流出してはならない
  のでその点配慮しています。



結果として、
顧客の新規事業を立ち上げる際には、
マニュアル整備のニーズが生まれ、
当社の仕事も生まれるわけです。

当社2.1は、
マニュアル整備で顧客のスケールアップ
を支援しますが、
我々の知見が顧客にプラスになる事なら
惜しみなく提供しています。