社長の本音

最新記事一覧へ

経営コンサルが必要な企業は山程あるのに、、、


2.1の中山です。

今回はマニュアル整備のノウハウとは少々異なる内容です。

当社2.1は、マニュアル整備の代行・コンサルティング企業です。
マニュアルを整備したいというご要望に対して、
現況を伺い、
その会社にあったマニュアルの作成方法、運用管理の仕方を提案し、
お客様と一緒になってマニュアル整備プロジェクトを遂行します。

ただ、
当社の領分ではない(と今のところ謳っている)ご相談も少なくありません。
お客様の現状を根掘り葉掘り聞いていくと、

 ・経営理念を一から練り直したい
 ・社内ルールを一から決めたい
 ・業務ひとつひとつの手順(ノウハウ)を検証したい
 ・社員教育をしたい
 ・新規事業を立ちあげたい

など、マニュアル作成以前の問題を指摘する場面が多くあり、
上記のようなニーズがお客様に生まれます。

そのたびに、当社は、上記のような問題ニーズに答えするのは専門外
と毎度お伝えしておりますが、


これまでに、多種多様な業界の会社の、しかも、
多種多様な部門の職務を、現場に入って取材し、
マニュアル化してきておりますので、
当社には多種多様なノウハウが蓄積されておりますし、

何より、
当社が経営コンサルティングの会社では無いのを承知のうえで、
経営の事を相談してくださるお客様には、なんとかお応えしたく、

「経営コンサルは専門じゃありませんから、
 当社の経験の範囲でよろしければ・・・」
とお伝えしながら、
理念作りやルール検討、事業立案のお手伝い、
そして研修講師まで、受けております。
※お客様のノウハウを他社に教えるような
※守秘義務違反にあたる行為は致しておりませんので、誤解なく。


中小企業には、めちゃくちゃ沢山、
経営コンサルティングな方々が必要な場面が
転がっていると思います。

一方で、
経営コンサルティングを標榜する会社(個人も含めて)も山程あるでしょう。

このマッチングがうまくいっていないのが企業支援産業の現況だとしたら、
コンサルティング業のビジネスモデルは、まだまだ検討の余地があるし、
伸びしろがあるのではないかと思う今日このごろです。


以上