社長の本音

最新記事一覧へ

〇〇業界のマニュアル

2.1の中山亮です。




本日より大阪滞在です。

有り難いことに、この4日間、ランチをできないスケジュールです。

大阪、マニュアル熱いです。




さて




弊社が頂戴するお問い合わせに、


「〇〇業界の専門ではありませんか?」


というご質問が時々あります。




業界専門?特化?

なぜそんな質問をなさるのか

少々疑問です。




その業界に詳しければ、

御社の業務ノウハウの見える化、

マニュアル作成ができる?

詳しいほうが良いマニュアルを作れる??




もしそうであれば、

僕らの存在はそもそも不要ですね。




私が2.1を起業したのは、元々、


自社の業務マニュアルは自社で作る物


であったにも関わらず、

実際には、作れない企業ばかりだから


です。




御社の業務ノウハウに一番詳しいのは誰でしょう?







御社ですよね。




自分たちの業務に一番詳しいのは自分たちにも関わらず、自分たちでマニュアルを作れないのは何故なのでしょう?




我々2.1が


これまで多くの企業の

マニュアル整備における失敗成功を

目の当たりにしてきて出した結論、




その業務に詳しいか詳しくないかは

マニュアル作成の可否において

本質的な問題ではない




我々がこれまでに作ったマニュアルは、




不動産仲介の新規営業


保険代理店のテレアポイント


保険代理店の事務


ガソリンスタンドの掃除


宝石販売店の接客


リサイクル店の鑑定査定


介護施設の介護士オペレーション


訪問看護の看護士オペレーション


医療クリニックの幹部採用面接


ストレスチェックの営業


経営コンサルタントのコンサル


新聞社のシステム操作


コンビニ本部のコンプライアンス


証券会社のトレーディング


ハンバーガー店の店長オペレーション





他にも、マニュアルだけでなく


その会社の理念やクレドを作ったり、




とにかく様々な業界業種業態の


様々な部門作業のノウハウや方針を


見える化、マニュアル化してきましたが


その殆どは、


弊社コンサルタントが未経験の業界業種です。






それでどんなマニュアルを納品してきたかは

お会いできればお見せしますが


見れば驚いて頂けます。

さすがプロ、と。






弊社は、どこかの業界に詳しいなんて言いません。


詳しさは、弊社の専門性「見える化」

に関係ないからです。




気になられるようなら

是非一度、弊社にお越しくださいませ。




皆様のマニュアルの概念を一新いたします。




弊社は、


企業のマニュアル文化を変革します。