社長の本音

最新記事一覧へ

社員教育への投資は、社員への愛情の深さ


マニュアルの制作および活用でお客様から頂戴するお金は、最低でも百万円単位の額で、中小企業にとって決して小さい費用ではないと思う。
そんな商談の現場で、お客様(社長)がマニュアル制作を決断する様を拝見していて思う、社員を大切になさってるんだなぁ、と。

大きなお金を払うのは、それ相応の覚悟が要る。その覚悟を後押しするのは、経済合理性があっての上なのは当然として、事業を拡大したい、そのためには人を育てなければならない。会社は人人人。そんな言葉を聞きながら、その契約を頂戴することで、我々にも覚悟が生まれる。他のクライアントの仕事と平行して行っている状況でも、そんな気持ちや態度で我々とプロジェクトを推し進めてくださる社長(お客様)がいると、我々も頂戴したお金以上の働きをしてしまう。

そういう熱い会社の役に立てる仕事はとてもやり甲斐があるが、その分、デート後に職場に戻ったり、帰宅しても立ったまま(スタンディングデスク)パソコン打ったりと、睡眠を削ってしまい、身近な人たちに「眠い眠い」とつぶやいてるのが、この数カ月の日課だ。。。おわり(笑