社長の本音

最新記事一覧へ

マニュアル制作は根気


ハイパフォーマの皆さんに嫌われるくらい細かくヒアリングして、ディレクターが理解できたと思ってライティングした物を、制作が改めて内容を読むと、これだけの付箋が貼られて戻ってくる。




この伏線に対して、改めてハイパフォーマー達に質問し持って帰るとまた付箋が貼られて・・・の繰り返し。
このやり取りを重ねることで、マニュアルに具体性と再現性が生まれる。誰でも読めばそのノウハウを実行できるマニュアルが完成する。

気の遠くなる作業だが、ここを妥協して制作を進めてしまうと、使われないマニュアルが完成してしまう。ウンザリするハイパフォーマーの皆さんの顔が気になりつつも、今日もしつこく質問しまくり・・・もうちょっとお付き合いください、皆さん(涙