社長の本音

最新記事一覧へ

納品した時の社長の顔

今日、昨年10月から4ヶ月かけて作り上げた、株式会社オメガエステートの営業マニュアルを納品してきた。

4ヶ月間、ほぼ毎週先方にお邪魔して、先方のトップ営業マン4名を3時間拘束し、新規営業の業務プロセスを事細かくインタビューしまくってきた。



社長の増尾さんは、満面の笑みだった。
彼とは前職時代から公私にわたって付き合いがあり、色んな顔を見てきたけど、こんなに終始ニヤニヤしてるのは初めて。




以下、納品時の彼の言葉を抜粋。




『このマニュアルができたことで、採用した新卒を一人前にする仕組みができる。まるで、工場のように売れる営業社員を排出できるイメージだ』



『自分で会社を立ち上げてから泥臭くやってきたことが、本という形になって感慨深い』



『うち(オメガ)の業務を知らない方がここまで書けるのは凄い』



『うち(オメガ)だけのマニュアルがあるって、なんかイイ会社っぽいw』



『ここまでうち(オメガ)の現場の営業を詳しく書いてある本なんて世の中に無い』



『一冊つくり上げるのに、時間もお金もかかるなぁ と思っていたけど、それだけかかる意味がよくわかった』



『このマニュアルを既存社員に浸透させることがまず重要ですね』



『既存社員にはこのマニュアルに対して不満や無視を言わせないように徹底する。その代わり、不満がある場合は提案として発言してもらい、マニュアルを進化させたい』



『マニュアルが進化するというのは会社が成長するってことですよね!』



『(同業には言えないけど)周りの社長連中に自慢したい




これだけ喜んでもらえて、改めてノウハウの見える化、マニュアル化事業のやり甲斐を感じさせてもらった。
大きな投資をなさった増尾社長は、マニュアル制作の意義をよく理解なさっている。
その分、我々への期待は大きい。
更に喜んでもらえるよう、来月からのマニュアル活用研修(既存社員への浸透)を徹底的に行わねばならない。
オメガエステートの更なる爆進が楽しみだ。



オメガエステート増尾社長と。