社長の本音

最新記事一覧へ

マニュアル業者にも色々いる・・・

先日、友人がマニュアル業者の広告を教えてくれました。

・煩わしいマニュアル作成の時間を短縮します!

・だれでも簡単に作れます!

・作ったデータをスマホで見れます!

というPRの、月に5000円~というクラウドサービス。




手軽で簡単になるのに、越したことはないですね。

当社で利用したいくらいです。




ただ、マニュアルって会社にとって必要なものだと思うんですよね。必要というか、大切なものだと。




たしかに、「マニュアル作れ」と命じられて嫌々作る社員の立場からすると、煩わしい物かもしれませんけど、




自社が時間をかけて培ってきた成功法則・ノウハウを明文化するわけじゃないですか、マニュアルという形で。




マニュアルに携わるものとしては、マニュアルを悪く言いたくなんですよね。




マニュアルが企業の成長を支える

という考えで、マニュアル整備を企業に勧めている者としては、もっと簡単に作りましょう!

とは口が裂けても言えません。

マニュアルは、時間をかけてしっかり作るべき物です。




マニュアル"業者"にも色んな考え方があるんですね。




ちなみに、その広告のサービスで作られたマニュアル、サーバーで一括管理され、印刷できないようになっているんですけど、追加でお金を払うと、アカウントごとにデータ送信と印刷が可能になるようだ。

ノウハウが流出しちゃってもいいんだろうか…

こわやこわや…