社長の本音

最新記事一覧へ

経営者の思いを行動ベースで明文化

1年前から毎月、関西の事業承継者、

いわゆる会社の後継ぎになる経営者を集めて

勉強会を主催している。




テーマは、

・会社の課題に対する取り組みと相談

・古参社員との関わり

・父親(会長)との関わり

・自分の右腕をどうやって作るか

・社員の平均年齢40代をいかに下げていくか

・業界の先行きと自社の展望、新規事業立案の相談

などなど。




全員30代の同世代で、活発に意見を出し合い、親交を深めている。




その会のメンバーで、関西の某老舗サービス企業の経営者と、昨日から具体的にマニュアル整備の検討を進めていて、今回、嬉しい感想を頂いた。

以下もらったメール。










まだまだ、マニュアルの真価を知らない経営者が

多い。


でも、

マニュアル整備は絶対に企業にプラスになる。




マニュアル整備は、理論と手法を用いて徹底してやれば、絶対に業務改革がなされる。

実際、この説明を私がしたあとで

「マニュアル整備なんてダメ」

なんて反対意見をもらったことがない。




企業のマニュアルのあり方を変革するべく、

もっともっと啓蒙したい。

企業にとって絶対イイんだから。




と強く思ったメールでした。




また来ます、大阪。