サービスの特徴

大切にしていること

半径30cmを知り尽くそう
30秒でできることをやり尽くそう

マニュアルには曖昧な内容があってはいけません。誰でも再現できるように、具体性を持っていることが重要です。
そのために当社では徹底した話し合いや観察・分析を繰り返し、マニュアルを作成していきます。
その精度を表した言葉が「半径30cmを知り尽くそう、30秒でできることをやり尽くそう 」です。
ここまでするから、個人のセンスや職人技などと呼ばれるような属人的な行動もマニュアル化ができるのです。


  • 特徴1

    5W

    取材の際には「Why(なぜ)」を5回繰り返して突き詰めることで、
    日頃当たり前になっていた、業務における重要な概念やこだわりを引き出します。

    マニュアルサンプルを見る

  • 特徴2

    具体性と再現性

    口で言えば分かるのでは?と思われがちな事を明文化することで、
    作業工程を明確にするだけではなく、ゴールの照準を合わせることができます。

    マニュアルサンプルを見る

  • 特徴3

    個人のセンスや
    職人仕事の見える化

    属人的で、経験や感覚でしか会得できないと思われる業務の見える化では、
    ワークフロー(業務構成図)が重要であり、標準化(業務改善)の肝となります。

    業務構成図サンプル



  • 特徴5

    活用分析システム

    マニュアルの使用状況を数値化し、「人」「時期」の観点で仮説をたて、対策をうちます。
    また、現場での気づきを手軽にデータ化し、マニュアルの更新ネタを収集するとともに、
    社員の組織への貢献状況を見える化します。

    マニュアル活用月次レポートサンプル

整備の流れ