事業紹介

マニュアルとは

どう考えるべきか
どう行動すべきか

マニュアルとは、組織が一枚岩となるために、経営と社員の相互理解を深めるツール

ニテンイチの事業

マニュアル整備による
マネジメント支援

当社が提供するマニュアル整備とは、徹底した調査と分析によって作成されたマニュアルを実践・定着をさせ、
マニュアルを更新させていくことで組織の問題を解決していくマネジメント支援です。

『作成』と『整備』は別物です

マニュアル整備とは、「作成」「活用」「更新」の総称です。マニュアルが最大限に力を発揮する仕組みはここにあります。
一般的なマニュアル作成とは、マニュアル資料を作成するだけで終わってしまうことがほとんどです。
マニュアルは、人に活用され、より良く更新されていくことで初めてその効果が発揮されます。

作成(ノウハウや手順の見える化・標準化) ここで終わるのが一般的/ 活用(実践と定着) / 更新(時代や成長に合わせた改善)
作成(ノウハウや手順の見える化・標準化) ここで終わるのが一般的/ 活用(実践と定着) / 更新(時代や成長に合わせた改善)

マニュアル整備において“見える化”する範囲

業務手順だけでなく、
経営課題の解決に直結した
様々な“見える化”を行います

業務手順を作成するだけがマニュアル整備ではありません。
経営において重要な情報を“見える化”して課題を解決することができます。

解決出来る課題