事業紹介

マニュアルとは

「目的」に応じた「行動」が明示され、
求められる「結果」を誰もが「再現」できる「コミュニケーションツール」です。

2.1の事業

マニュアルによる
マネジメント支援

当社が提供するマニュアルPDCA支援サービスとは、「目的」「行動」「結果」の3つの要素で構成されたマニュアルを作成し、
マニュアルの利用を定着させ、マニュアルを更新させていくことで組織の業務改善をしていくマネジメント支援です。

『作成』のみでは終わらない

マニュアルPDCA支援サービスとは、「可視化(作成)」「仕組化(運用)」「習慣化(更新)」の総称です。

マニュアルが最大限に力を発揮する仕組みはここにあります。
一般的なマニュアル作成とは、マニュアル資料を作成するだけで終わってしまうことがほとんどです。

マニュアルは、人に運用され、より良く更新されていくことで初めてその効果が発揮されます。

作成(ノウハウや手順の可視化・標準化) ここで終わるのが一般的/ 活用(実践と定着) / 更新(時代や成長に合わせた改善)
作成(ノウハウや手順の可視化・標準化) ここで終わるのが一般的/ 活用(実践と定着) / 更新(時代や成長に合わせた改善)

マニュアルPDCA支援サービスにおいて
“可視化”する範囲

業務手順だけでなく、

経営課題の解決に直結した
様々な“可視化”を行います

業務手順をマニュアルに落とし込むだけではありません。
経営において重要な情報を“可視化”することで課題を解決することができます。

解決出来る課題